​アルコール検知器の導入と

検知の開始について

 

 

本年4月より道路交通法の施行規則が改正され、

「白ナンバー」の自動車を一定台数以上使用する

事業者に対し、運行前、運行後における

「目視等での酒気帯び有無の確認」と

「アルコール検知器を用いた確認」が段階を踏んで

義務化されることとなりました。

 ※各項目の確認記録は事業者にて1年間保存することも

  義務化となります。

 

弊社、シティパークアンドサービスでは

日頃大変お世話になっているお客様へ更なる

「安心」と「安全」をお届けしたく、本年4月の

道路交通法施行規則改正と同時に、全乗務員を対象とした

「アルコール検知器の導入と検知を用いた確認」を

開始いたします。

 ※検知記録はご希望のお客様へデータにて

  お送りすることが可能です。